ホーム > 製品案内 > 歯科/耳鼻科用 > ソフトウェア > 【患者画像管理ソフト】KR Exrista 3D+

ソフトウェア

【患者画像管理ソフト】KR Exrista 3D+

エクリスタロゴ3d

本ソフトウェアは、汎用画像診断装置ワークステーション用プログラムです。医科/歯科診療で得た画像を管理閲覧することを目的としています。
医療画像標準であるDICOM形式で管理し、外部機器で撮影された一般画像形式(JPEG、BMP等)も、DICOM形式でインポートし、管理することができます。

ウェブブラウザを使用したビューアー機能を採用し、iPadなどタブレットPCで画像を閲覧・操作する機能を含んでいます。

3D対応ソフトウェア(Xelis-Dental)と連動し、2Dデータと3Dデータの一元管理が可能です。

サーバーPCメイン画面

選択した患者データを一括で表示可能です。

メイン画面

 

画像ビューアー

画像ビューアー


エクリスタCT

任意で選択した画像を複数枚並べることによりさらに詳細に比較可能です。


画像ビューアーCT含む


クライアントメイン画面

クライアント用として、ウェブブラウザを使用したメイン画面およびビューアーを提供し、PCおよびiPadなどのタプレットPCのウェブブラウザで閲覧可能です。

※iPadで使用するためには別途「無線LAN機器」が必要になります。
※画像ビューアーの使用方法はサーバーPCと同じです。

Exristaクライアント画面

【患者画像管理ソフト】KR Exrista 3D+ 装置仕様

名称 KR Exrista 3D+ (ケイアール エクリスタ スリーディプラス)
接続可能機器 弊社取扱い製品(詳しくは株式会社 近畿レントゲン工業社へお問い合わせください)
機能 患者情報管理、文書データ管理、デジタル画像管理、DICOMデータ管理
インポート可能画像形式 JPEG, BMP, PNG
エクスポート可能画像形式 JPEG, BMP, DICOM, PNG, TIFF, GIF
サーバー仕様 OS:Windows7 Professional 64bit 以上
CPU:Quad-Core 2.0GHz以上 
メモリ:8GB以上
HDD : 500GB以上
グラフィックボード:1280x1024、32bpp以上 (Fire GL又はQuadroシリーズは除外)
DICOM形式 DICOM3.0準拠
エクリスタロゴ3d

お問い合わせはこちらから