ホーム > 製品案内 > X線発生装置 > フィールド検査 > X線管分離型X線発生装置

X線管分離型X線発生装置

X線管分離タイプ

X線管分離型構造

X線管と高圧部を分離しておりますので、据置型のX線発生装置ではアプローチしにくい限られたスペースの検査に最適なX線発生装置です。

広照射角

照射角が300°と超広角のため、タイヤや配管など円形状のものでも一度に広い範囲を検査可能です。

カスタマイズ可能

特注仕様も承りますのでお気軽にご相談ください。

X線管分離型X線発生装置 装置仕様

電源 単相/三相Φ200V 60Hz 3.0kVA
管電圧 30kV-120kV
管電流 0.5mA-3mA
出力 210W/360W(連続)
照射角 33° x 28
焦点サイズ 0.4 x 4.5mm
周囲温度 0-40℃
重量
(周辺機器を除く)
最大113kg
寸法(mm)

照射部(X線管) W90xH163xD119
制御ユニット W580xH500xD400
高圧ユニット W278xH325xD358

X線管分離タイプ

お問い合わせはこちらから