ホーム > 製品案内 > 歯科/耳鼻科用 > 歯科/耳鼻科用CT > 【歯科用CT・パノラマ・セファロ】PreXion3D EXPLORER PRO

歯科/耳鼻科用

【歯科用CT・パノラマ・セファロ】PreXion3D EXPLORER PROCTパノラマセファロ

f_cephalo

歯科画像診断をさらに快適なものにするために

PreXion3D EXPLORER PROは、プレキシオン社の3DCBCTのフラッグシップの位置づけとなり、
大型FPDの搭載によりセファロ一体型のAll-In-One(パノラマ・3D・セファロ)歯科用3DCBCTを実現しました。
従来のセファロ装着3DCBCTとの比較で約70cm(当社比較)のスペース削減を可能にしました。
3Dにおいては、ステッチ機能を使わずに1回転で15x16cmの大型FOVの撮影ができ、
さらにLow Dose Modeを設定し、さらなる低被曝も実現しております。explorer_pro_外観

3D画像でより精細な診断・治療を

従来のレントゲンでは2次元の平面画像しか得られません。一方、歯科用3DCBCTを用いると
3次元の立体画像が得られるので、平面画像ではわからなかった歯や顎の骨の詳細な立体構造や
神経の位置などを精度高く把握することができ、より適切な診断・治療が可能になります。

大型FOVであらゆる口腔内診断を可能に

顎関節を含めた広い範囲を見たい場合や矯正治療、睡眠呼吸障害治療用の気道分析等に大きな力を発揮します。
PreXion3D EXPLORERシリーズは25.4x31.7cmの大型高精細FPDを採用することにより、
1回転の撮影で15×16cmの大型FOV撮影を可能にしています。

プレキシオン3DCBCTの真価

プレキシオン社は歯科用CTの開発・生産・販売に特化したブランドとして、10年以上にわたる経験に基づき、
歯科治療領域におけるたしかな画像診断と治療計画を可能にする高精細な画像診断技術を提供しています。
アメリカでその真価を認められ、多くの歯科施設への販売実績を経て、この度日本国内にて新製品を発売することにいたしました。
インプラント、口腔外科、歯周、根管、TMJ、矯正、そして睡眠障害治療領域などを目的としたあらゆる画像診断を可能とした
画期的な製品に仕上げています。私たちはご購入いただいた歯科医師の皆様に心地よく使っていただけるように、
きめ細やかなサービス・保守体制にて歯科診療をサポートしていきます。

高精細・高画質と低被曝の実現

理論的には高い被曝量によって高精細な臨床画質が実現されますが、
プレキシオン3D エクスプローラーは被曝量と高精細臨床画質の的確なバランスを実現しています。
0.3mmのX線管焦点、0.07mmのボクセルサイズを基本に、新開発の大型FPDを搭載することにより、
多岐にわたる歯科臨床に対応できる高精細画質と患者様の安全のための低被曝を同時に実現しています。
新たに開発したFPDは2,048×2,560ピクセル、25.4x31.7cmの有効画像領域で、これにより高精細画質を実現しています。

110_pulse

 

Fields of View

様々な専門分野の歯科医師をアドバイザーに据え、臨床現場でよく使われているFOVを厳選しました。
5x5cm,10x10cm,15x10cm,15x16cmの局所から広範囲の撮影範囲が選択できます。
顎関節を含めた広い範囲を見たい場合や矯正治療、睡眠呼吸障害治療用の気道分析等にも大きな力を発揮します。
25.4×31.7cmの大型高精細FPDを採用することにより、1回転の撮影で15x16cmのFOV撮影を可能にしています。

img_610a3d2abe449 img_610a3d43a0200 img_610a3d67075f8 img_610a3d7cda35a

 

Fields of Application

幅広い歯科治療に対して口腔内硬組織、軟組織の高精細・高画質の3D画像診断が可能です。
大型高精細FPD搭載により、すべてのFOVをステッチ機能を使わずに1回転のスキャンで撮影できるため、多様な臨床ニーズに対応しています。

根管治療

インプラント手術

エアウェイ分析

バイトウイング

標準パノラマモード

セファロモード

PreXion3D Explorer PRO はセファロ機能が一体化されているプレキシオン社独自開発のユニークな形状です。
3DCTやパノラマと同じパネルを使用することで、通常のセファロ装着機よりも約70cm横幅のスペースを削減することが可能です。(プレキシオン社セファロ装着機比較)

User’s Voice

睡眠障害治療とTMJのクリニックを新たに開設するにあたり、顎関節や気道も診ることができる多機能なCTを必要としていました。
プレキシオンのEXPLORERを使用していた経験値から、私が選んだのはEXPLORER PROでした。
最大で15×16のFOVを、シングルパスで、ステッチなしで、美しい鮮明な画像が得られ、さらに放射線量も可能な限り低く抑えることができるため、
私が必要とするすべてを網羅しているのがこの機種でした。
Jeffrey Horowitz DMD FAGD DASBA, USA

本製品の詳しい情報はこちらからもご確認いただけます。

【歯科用CT・パノラマ・セファロ】PreXion3D EXPLORER PRO 装置仕様

一般的名称 デジタル式歯科用パノラマ・断層撮影X線診断装置、 アーム型X線CT診断装置
販売名 プレキシオン3D エクスプローラー PRO
医療機器認証番号 303ACBZX00006000
電源電圧 AC100-240V 50/60Hz
管電圧 90~110kV
管電流 1~5.3mA
X線管焦点 0.3mm
総ろ過 2.7mmAL以上
FPD 0.124 × 0.124mm ~ 0.248 × 0.248 mm, 16bit
装置寸法 CTモード:1112(W)× 1158(D)× 2330(H)mm
セファロモード:1164(W)× 1690(D)× 2330(H)mm
総重量 230kg
 【CT仕様】  
画像範囲(FOV) Φ50 × 50 mm ~ Φ150 × 156 mm
ボクセルサイズ 0.07 mm ~ 0.3 mm
照射時間 10 ~ 20秒
 【パノラマ仕様】  
照射時間 4 ~ 14秒
 【セファロ仕様】  
照射時間 0.16秒

お問い合わせはこちらから